レースのカーテンは採光性が高い

カーテンは閉めてしまうと光を遮ってしまうものだと考えている人もいるでしょう。遮光性が高いカーテンが多いのは確かですが、あまり遮光性を高めていないカーテンであっても閉めているとほとんど光を通さないのが一般的です。しかし、窓からの採光を考えるとカーテンを閉めていても採光できる方が良いという場合もあるでしょう。透明な窓ガラスの向こう側は人通りが多い道で、カーテンを開けていると家の中が丸見えになってしまうから閉めたいといった例があります。このようなときにも採光性が高いカーテンを使えば問題がありません。採光性を確保しつつ他の種類のカーテンと同じように目隠しとしての機能を持っているのがレースのカーテンです。

レースのカーテンは機能性が高い

レースのカーテンは一般的には白を基調としていて薄地になっているのが特徴で、光をよく透過させるだけでなく、乱反射によって増幅させることができるカーテンもあります。ただ、直射日光をそのまま屋内に入れるのとは違うように工夫をしているレースのカーテンも多くなりました。典型的なのが遮熱性を持っているカーテンで、光はほとんど通しますが、光が持っている熱エネルギーを遮断するのが特徴です。夏の日差しで部屋の中が暑くなってしまうのを避けたいというときに向いています。反射性を持たせて光を和らげて採光できるようにしたり、虫よけ効果を持っていたりするものもあります。うまく使うとより快適で明るい部屋にすることができるでしょう。