面積が広いから影響力が大きい

インテリアを考えるうえで、カーテンの色は非常に重要な物です。なぜなら、部屋の中でも多くの面積を占めることになるからです。部屋に入った時にまず目に付くものでもあるので、その部分の色が与えるイメージが部屋全体のイメージになると言っても過言ではありません。自分の求めるイメージをはっきり決めてから、カーテンの色を決めていきましょう。温かいイメージ、シャープなイメージ、可愛らしいイメージなど、どういった部屋作りをするのかを先に決めましょう。それによって、暖色系を選ぶのか寒色系を選ぶのか、色の濃さをどうするのかということを決めていくことになります。きちんと計画せずに決めてしまうと、後からイメージが違うという事にもなりかねないので注意が必要です。

部屋の広さの感覚にも影響を及ぼすことも

部屋の広さには限りがあります。同じ広さでもどれだけ広く見せることが出来るかによって快適さも変わってくることになるでしょう。そのようなときにはどちらかというと色が薄めで明るい色のカーテンが向いています。そういった色は膨張して見えるので、スペース全体が広く見えるのです。また、明るさもプラスできるので部屋全体が明るく見えます。こうした効果を使えば、部屋をより快適に使えます。特にこだわりが無ければベージュや黄色など薄くて明るめの色を選んでおくのが良いでしょう。好きな色がある場合にはその色の中でも薄めのものを選ぶと部屋を広く見せられます。もちろんそういった効果を必要としないのであれば、濃い色でも問題ありません。